【M4Patriot】スプリング交換&後方配線①

2021年9月26日

いつものように中古の東京マルイ M4 パトリオット(PATRIOT) HC を格安、美品でゲット。
asobibaでさくっと遊んだ後、インドアからアウトドア仕様に変更したいと考えた。
このパトリオットの私が思う課題は、幾つかあるが、大きく3つ。
 ① バッテリーが(非常に)取り出しにくい
 ② ハイサイクルによる低初速
 ③ メリットでありデメリットのストックレス
インドアなら爆発的に活躍する、この銃をアウトドアで使うには上記の解決が必要だと考え、
いざカスタムの道を歩むことにしたのである。
(尚、東京マルイはバランスが非常良くとれているので、カスタムして強化した結果、、、
 デグレになるのは重々承知しています…。箱出しで素晴らしいです。。)
DSC_0078.jpg
こちらがカスタム前のノーマルパトリオット。
ストックレスが特徴で1.8kg前後と非常に軽量。樹脂を多用してはいるが剛性に問題はない
HCを謳う通り、秒速25発近い性能があるとのこと…
またインドアなら、それなりに活躍できる高レスポンスの持ち主。
まずは私の個体の性能を確認する。(やっとXCORTECH MK3を導入した)
DSC_0080.jpg
うーん。8.4vニッカドだが…んー。ズバリこれは当たり個体と言われるものではない
(80-82m/s, 24-25RPSが良個体のようだ)
とは言え、文句は言ってられまい。出来ることはするのみ。
パトリオット カスタム用品
今回併せて購入した品々。
基本の"き"の字だろう商品ばかりであろうが、一応以下に展開
 ・ANGS/ アングス 0.9Jスプリング ハイサイクルシリーズ Sタイプ
 ・フリーダム・アート/ 東京マルイ M4パトリオットHC用 オフセットジョイント ※後方配線仕様
 ・DYTAC/ 電動M4用 CNC ストックパイプ DY-AC16B-BK ※最新ロットはさらに軽量
 ・APS/ RS-2 BK ※バッテリーを入れやすく!! rs-1でも良いかと思う
その他、S&Tの激安pmagやノーマルスプリングマグ,上述した弾速計を奮発した次第である。
では分解していく
パトリオット 分解①
まずはバッテリー収納部分をいつも通り外し
DSC_0084.jpg
上部レイルにあるネジを二カ所外す。
DSC_0085.jpg
そうすると、チャージングハンドルが外れる
DSC_0086.jpg
配線押さえがあるので、上部のネジを外して慎重にツメ4カ所をバレルから引き抜く
(プラ製なのでゆっくり…)
DSC_0088.jpg
前方配線にする場合は、この配線のカタチを記憶しておかないと
後々面倒のようだ。これは上部からの写真。横側にヒューズケースを隠していたのか…
DSC_0089.jpg
また裏側の根元に配線押さえ。
乳歯を抜く時のように、ぐりぐりと力を込めると引き抜ける。(嫌な思い出である)
DSC_0091.jpg
ヒューズボックスを外す。 
ミニ平型ヒューズ 20Aのようだ。今回、30Aに変更する想定。
DSC_0092.jpg
DSC_0093.jpg
後はM4分解と同様とのこと。
遅れたが、今回の分解参考サイトは以下である。
 https://mercenary.militaryblog.jp/e826490.html 
DSC_0095.jpg
これでやっとこさ、テイクダウン。アッパーフレームが外れた。
DSC_0096.jpg
アッパー側にある配線を抜き取り、ロアーに移る。
DSC_0097.jpg
完全にアッパーとロアーで分離した状態。
ここからメカボックスを露出させていく。続く。
その2( http://bellied-newt.seesaa.net/article/m4_patriot_rearwiring_2.html )